インタビュー

リクルートキャリアから、リクルートの代理店に。

営業

渡邊洋司

2014年入社。リクルートキャリアから、代理店のR4へ転職。扱う商品は変わらないはずなのに、何故転職をしてきたのか。ご紹介します。

リクルートキャリアを辞める。
さぁ、どうしよう


僕はですね、元々リクルートキャリアで営業をしていたんです。CV職という3年間の契約社員ですね。その期間の満了時期が近付いて、担当顧客を後任に引き継いでいたときですね、R4と初めて関わりを持ったのは。「1000人を採用するんだけど、とても応募者対応ができない」。担当していた某大手企業の担当者様が、そんな悩みを抱えていらっしゃいました。上司に相談したところ、名前が挙がったのがR4。採用事務の代行もできるぞ、と。上司がみんな平松さんの後輩ということもあり、名前はよく聞いていたんですよね。「あそこの提案力はすごい」って。そして顧客をR4の井口さん(取締役)に紹介。これが始まりです。引き継ぎも終わり退職の時期が迫っていた頃。「せっかくだから経験を活かしたいな」そう考えていた僕の選択肢は、必然的にリクルートの代理店のどこかになりました。東海圏だけで十社以上ありますが、考えるまでもなく答えは出ていました。R4だな、と。媒体に捉われず営業活動ができるし、提案の幅が広い。リクルートキャリアで働いた経験があるからこそ、その違いを肌で感じていました。接点のあった井口さんへ相談したところ、トントン拍子で入社が決定。…すると思っていたのですが、現実は甘くなかったですね。「OK、じゃ選考受けてよ」と軽快な口調で言われたこと、今でも忘れていません。「しっかり選考させられるんかい!」と心の中で突っ込みましたから(笑)。まぁ、ちゃんと人を見ているってことですね。

他の社員インタビュー